ポンギーが「孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム」の会員になりました。

孤独・孤立対策官民連携プラットフォームとは、

行政やNPO団体、企業等の連携を強化して、コロナ禍で顕在化した孤独・孤立問題に対して継続的に対応していくことを目的として、令和4年2月に設立された枠組みです。

内閣官房に事務局が置かれています。

「孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム」https://www.cas.go.jp/…/kodoku_koritsu_platform/index.html

ポンギーはアジア貧困層(特にミャンマー)の支援を行うとともに、「人のハートにふれる宿」として人と人をつなぐ役割を意識してきました。

コロナ禍で人と人のキョリが離れていく中、自分たちが行ってきたことをさらに進めていこうと考えていたところ、数か月前に、アジア支援でお世話になっている方からこのプラットフォームのことを知り、ぜひ会員に参加して社会に貢献しようと思った次第です。

既存会員をみてみると、地方行政やNPO団体、企業がほとんどです。

会員になるには要件を満たしていることや、幹事会の承認が必要でもあるため、他会員の推薦のないポンギーのような小さなゲストハウスが会員になれるかわからなかったのですが、会員になることができて嬉しく思います。

会員一覧
https://xn--cas-zm7f515q.go.jp/…/221001_kaiinitiran.pdf

ゲストハウスという場を通し、人と人が出会う場、地域とのつながりを深める場、石川在住の外国人の役に立てる場として活動して参りたいと思います。

今後とも、ゲストハウスポンギーをよろしくお願い申し上げます。

ゲストハウス Pongyi

代表 横川 雅喜