Pongyiについて

PongyiについてAbout

Pongyiはミャンマー語で「お坊さん」という意味です。
この宿の代表(Masaki) が以前、ミャンマーでお坊さんの経験をしたことが、この名前の由来です。代表が「師」と仰ぐミャンマーの高僧ガユーナ・セアロ氏の「全ての人々が生きる喜びに満たされますように」という言葉を念頭に、我々スタッフは「私は私として、他に対して何ができるか」ということを常に心がけています。
私たちは、自分たちが必要とする以外の利益は他への貢献に実践・還元することを理念として、ほぼボランティアに近い形で働いています。
宿代の中から100円をアジアの子どもたちに、さらに100円をその他の支援に寄付させて頂いている他、度々開催するイベントの収益も自立支援活動に充てています。
Pongyiにお泊り頂いたことで、「出会い」や「安らぎ」「新たな情報」「気づき」など、ご自身の何かの新しい「宝物」に触れ、皆さまの明日からの更なる活力となれば幸いです。一人でも多くの皆さまがPongyiにお泊まり頂くことで、それがさらに他の人の幸せにつながるお手伝いができることを我々スタッフ一同嬉しく思っています。一流ホテルのような豪華な設備はありませんが、Pongyiにお泊まり頂くことで皆さまが心身ともにゆっくりとお休み頂ければ嬉しく思います。

経営理念Philosophy

我々Pongyiは
経営の原点」 「経営方針」 「行動指針
の3つをもって経営理念とします。

経営の原点

“全ての人々が生きる喜びに満たされますように”
(ガユーナ・セアロ師の言葉)の願いを経営の原点とします。

経営方針

  • 正しい心で利潤を生み出し、自ら必要とする以外の利益を以て、
    自立と平安を目指す他への貢献のために実践・還元することに努めます。

  • スタッフ一人ひとりを尊重し、それぞれが強い志をもって
    自己成長できる環境をつくります。

  • 地域社会や文化、歴史を大切にするとともに、
    アジアを中心とする国際自立支援に貢献します。

行動指針

  • 我々は、一人ひとりが「私は私」であることを
    自覚し、正しい道を堂々と歩み、他に対して何ができるかを常に心に置いて行動します。

  • 我々は、一人ひとりの心の豊かさと笑顔の広がりを大切にします。

  • 我々は、一人ひとりが自らの意志と責任において運営に関わっていることを自覚し、
    組織の発展と自己実現のために精一杯努力します。

  • 我々は、一人ひとりの個性を尊重し、切磋琢磨し、
    和をもって成長することに務めます。

信頼のお宿A trusted place to stay

Pongyi は世界中のみなさまに、宿泊・安らぎの場として多くの方からお選びいただき、おかげ様で、数多くのメディアやランキングに取り上げていただきました。これからも、より多くのみなさまと出会い、人と人、国と国がつながる、そんなお宿を目指して心地よい空間づくりを心がけていきたいと思います。

掲載メディア

  • 2018.05.26

    【トリップアドバイザー】TripAdvisor エクセレンス認証 (Certificate of Excellence)に5年連続認定されました。

  • 2018.01.30

    【テレビ】テレビ朝日 スーパーJチャンネルで紹介されました。

  • 2017.08.15

    【ロンリープラネット】Lonely Planet Japan 15に掲載されました。

  • 2016.12.31

    【テレビ】NHK総合 ゆく年くる年で生放送中継されました。

  • 2015.12.31

    【ラジオ】NHKラジオ ゆく年くる年で生放送中継されました。

  • 2015.03.13

    【トリップアドバイザー】TripAdvisor 石川県の行きたい・食べたい・泊まりたいランキングの「泊まりたい部門1位」に選ばれました。

スタッフ紹介Staff

  • 代表Masakiまさき

    以前、南米(パラグアイ、ブラジル)に住んでいたことがあるので、おっとりのんびり大陸的な性格の持主と言われます。
    短い期間ですが、ミャンマーで僧侶の体験をしました。
    自分にとってとても貴重な経験だったので、ミャンマー語で「お坊さん」の意味のPongyi(ポンギー)をゲストハウスの名前にしました。
    今はアジアの子供たち支援のお手伝いもしています。
    旅をされる方の宿であるとともに、Pongyiが、皆の心が休まり元気になるようなスペースとなれば嬉しく思います。
    皆さんと金沢でお会いできるのを楽しみにしています。

  • マネージャーMaruまる

    大阪生まれの大阪育ちですが、中身は鹿児島の血です。
    私は体が小さいので外国人からはよく子供に間違われます。(笑)
    Pongyiでは宿泊代から100円をアジアの子どもたちへ寄付させていただいていますが、「自分が楽しく働いて、ゲストさんにも喜んでいただけて、それがさらに誰かのためになる」Pongyiのそんな仕組みが好きです。
    ゲストさんが金沢の実家のように、「ただいま~!」と帰って来れる宿でありたいなぁと思っております。

  • スタッフNiinaにいな

    石川生まれの石川育ちです。
    何か人の役に立てる仕事をしたいと思い、たどり着いた先がPongyiでした。まさきさん、まるさんとともにアジアの子どもたちへの支援をしながら、お客さまがまた帰ってきたいと思えるような宿を作っていきたいと思います。
    人からは‘ほんわか’系と言われますが、ポンギーでは積極的にいろいろなアクティビティをしながら、たくさんの方々に日本文化を味わっていただきたいと思っています。みなさまとPongyiでお会いできるのを楽しみにしています。